• カテゴリー日記

ファイル 289-1.jpg

Candyが愛用していた座椅子です

ソファーの下のもぐりこんでゴソゴソなにやら悪戯していたら
そこに平たくして収納していた座椅子が
押し出されて出てきました

出てくるとちゃっかりくつろいでいます
フカフカ軟らかくて心地よいらしい
その後、熟睡

この座椅子、季菜里に引き継がれるようですね

ヤフーのニュースで見てホントかと疑い驚き
テレビのニュースを見てショックで力が抜けました涙

かなしい、残念、悔しい・・・
こんな言葉しか浮かびません
会見を見て涙が出てきました

早慶明と比べれば歴史は浅いけど
ここ10年連続して大学選手権決勝に進み
大学ラグビーを引っ張ってきました
関東学院大=ラグビー
同部員並びに在学生のショックを考えると心が痛みます

「ONE FOR ALL,ALL FOR ONE」
この2人の心にはなかったのでしょうか・・・

  • カテゴリー日記

ファイル 287-1.jpg

ソファーで寝ているかと思えば
ソファーの下で寝ている

そして、昼間でも夜中でもここが収まりがいいのか
お行儀よく?ここで寝ていることが一番多い

これからの季節も暖房を使うようになるから
この位置は変わらないのでしょうね

  • カテゴリー日記

ファイル 286-1.jpg

この頃、夜は布団の上にいます
寒くなってきたのとフカフカがお気に入りになったかな

ベッド周りのサークルを開けるとサッと飛んできて布団の上へ
消灯してもそのまま私の身体に顔をのせて寝始めます

たまに床の上で寝ていたりもしますが
朝起きると私の右にいたり、左にいたり

起きたと気づくとにじり寄ってきて
おはよーのペロペロ
おかげで寝起きがいいような悪いような鼻ピク
スキッと起きられますほほえみ

  • カテゴリー日記

ファイル 285-1.jpg

河原で手に持っているディスクやボールに
飛びつく癖をマコママにビシッと怒られたらしい
素直に効いたらしい
(その時お父さん不在)

ちょっと父さん甘かったね(-_-;)
これから父さんも怒るデェ〜?!

  • カテゴリー日記

ファイル 284-1.jpg

いつも先に起きている季菜里
動物フェスティバルの後、河原でボール遊び
さすがにお疲れ季菜里
お父さんよりあと起き

でも…

あたし先に起きて待ってたバリに
スリスリ、ペロペロ攻撃
またこれが可愛いくて
今度はお父さんの
いい子いい子、可愛い可愛い撫で撫で反撃
朝からバカ親子満載っす?!

  • カテゴリー日記

何年ぶりでしょうか
砧公園の「動物フェスティバル」に行ってきました
目的は先着100枚限定の「無料マイクロチップ」券
少々遅れて到着
意外と並んでる・・・
もうだめかと思いながら並んでみたらなんとかゲット笑顔
私の後、5人位でおしまいになりました
ラッキーぷんぷん

ファイル 283-1.jpgその後、
世界最大のねずみとやらのカピバラとは、ビビルこともなく記念撮影


ファイル 283-2.jpgポニーには興味を示すも、大ビビリ
抱えて近づけたら暴れて蹴ってしまった驚き
「ブッルッ~」と怒られ
私がゴメント撫ぜたらまた
「ブッルッ~」と怒られたすんません

  • カテゴリー日記

ファイル 282-1.jpg

捨てられてた?赤い消火器です
何でびびる?
怪しいのかなあ?

■大学ラグビー
TVKの録画中継をみました、慶応vs明治
結果は29-29トライ数もゴール数も同じ
明治が先制して慶応が追いつく
明治が突き放して慶応がまた追いつく
ロスタイムであと一歩届かず引き分け
両校とも持ち味が出ていい試合だったと思います
この2校とこれから対戦する早稲田
11月23日と12月2日が楽しみです
ワクワクします
トップリーグも始まり
本格的にラグビーシーズン突入口笛

ただ、来季以降の早稲田の戦力が心配でたまりません
Bチームが育っていないようで・・・

  • カテゴリー日記

ファイル 281-1.jpg

耳の錘を付け替えた
左右同じ大きさにしたら右耳の方が立つ事が多い
右耳力強し鼻ピク

■プロ野球
何だかDが勝っちゃいましたね
観てはいなかったのですが、
8回までパーフェクトだった投手を9回に交代
クローザーへ
ペナント中なら続投でしょうが
日本シリーズのこの試合に勝てば日本一です
スコアーも1-0
いろいろとそれなりの事情もあったのだろうし
勝ちに徹した采配だからしかたないのでしょう
・・・
でも・・・とも思う

  • カテゴリー日記

ファイル 280-1.jpg

朝、慌ててカレンダーを11月に変えました
2階だけでも大2、小2の4枚
1階は2枚
意外とひと手間です
特に「1」が3つも並ぶ今日はどうしても変えてから出勤したい気分ほほえみ
大忙し!でした
季菜里は何事かと私のあとをウロウロしていました