• カテゴリー 『 日記 』 の記事
  • カテゴリー日記

ファイル 647-1.jpg

帰宅して、一通り終わってソファーでくつろいでいると
隣に来てゴロンして甘える季菜里
ちょっとだけ怒られることしたけど、すぐに許してあげた
そのせいかな?
テレビ観ていたけど季菜里を見て、季菜里を撫でながらたくさん話し掛けてあげた
時々テレビに気がいったけど
季菜里中心の時間でした

その後、満足した季菜里はガリガリはじめた

季菜里中心の時間はお父さんが季菜里に癒された時間でした

  • カテゴリー日記

ファイル 646-1.jpgファイル 646-2.jpg

ホネホネをガリガリ
雨だったからお散歩出来ずに退屈らしい?!

季菜里はトイレすませたら自ら家に向かった
雨お散歩は嫌みたい
それとも雨の日は諦めてる?

夜は止んでくれるかな?

それなりにコング遊びも楽しい季菜里です
夜は遊んであげるよ!

  • カテゴリー日記

ファイル 645-1.jpg

今日も機会があったのでワーゲンバスのクレープ屋さんに行ってきました
前回よりも明るい時間だったで、バスの色もよくわかった
落ち着いたグリーン、なかなかいい色です
こういうカラーもありだよねっと思いました

注文は「生クリーム 焼きプリンキャラメル」380円也!
前回と同じでした口笛

やっぱり美味し~い!
安くて美味しいから
是非このワーゲンバスのクレープ屋さんを見つけたら食べてみてよ!
お兄さん、一人でやってます
このお兄さんもとても感じのいい人ふむふむ

私は仕事の都合でなかなか行けないけど、機会があったらまた行って食べます!
ワーゲンバスにも会えるし口笛

  • カテゴリー日記

ファイル 644-1.jpg

相変わらずディスクをキャッチしても真っ直ぐに戻ってこない季菜里
「ア!」「ア~アッ!」
これでポトリとディスクを放す

ペットシーツをボロボロにしていたり
かじっちゃいけないものをガリガリしていたり
そんな時は「ア~アッ!」と怒られる
すぐにごめんなさいスリスリ

何にもしてなくても「ア~アッ!」って言われると
「何かしちゃったかしら?ゴメンナサ~イ!」とスリスリ

河原ですると、走りながらディスクを放す
くわえて走り回っている時に、上手く使えばコントロールできるかな?!

  • カテゴリー日記

ファイル 643-1.jpgファイル 643-2.jpg

臆病だから吠える?

5ヶ月の黒ラブの女の子、ラビィーに会いました
おとなしいけど人見知りで、少々臆病ですね
なんだか季菜里に臆病さ加減が似ていた(笑)

お互い恐る恐る匂いを嗅ぎ、確認
季菜里は自分より身体が大きいからかラビィーには
カチカチ攻撃なし?!

やや我慢顔の季菜里

そのあともお互いに近づこうとも関わりあおうとせずでした

  • カテゴリー日記

ファイル 642-1.jpg

朝も8時ころのお散歩ならTシャツでも寒くない
気持ちよく歩けます
すれ違うわんこもいなかったからか、季菜里も落ち着いて歩いてくれたのでいい朝お散歩出来た!!

バイパス下公園でもノビノビ走りまわっていました
調子にのってお父さんに飛びつく
白いTシャツに足跡くっきり・・・

いけないと一言
それでおしまい、すぐに笑顔のお父さん
気持ちいい朝だったからね!?

  • カテゴリー日記

ファイル 641-1.jpg

お父さん今日はお仕事

家を出る前、余裕があるとしばしのお別れを惜しむ時間が長くなってしまう
季菜里も淋しげな顔する
蹄をあげてもCandyのように夢中にならないし・・・

頬をスリスリ、背中を撫でて
「季菜里は可愛い、可愛い」「いい子、いい子」
何度も頭を撫でて「いい子でお留守番たのんだよ」
時間があるだけ繰り返す?!

時間なく慌てて家を出た方がいいのかもしれない

  • カテゴリー日記

ファイル 640-1.jpg

お父さんが黙っていると、つまらなさそうにしている
だから朝からいっぱい話かけた

内容は秘密!
意味のないことばかりです

問いかけると首を傾げる
それが特に可愛いから多いね

「季菜里はいい子?」
「季菜里は可愛い?」

(笑)

  • カテゴリー日記

ファイル 639-1.jpg

お疲れ季菜里と思ったら、お散歩元気!!

ご飯のあとはすぐに寝るのかと思ったら、お父さんの周りをウロウロ!

お留守番中はしっかり寝ているんだろうけどね?!

昨日の帰りはおとなしく寝ていた
途中、諏訪SAで温泉に入り(銭湯みたいな感じ)、車に戻ったら
季菜里は運転席、Vivienは助手席に丸まって爆睡
こっちに帰ってから季菜里たちにご飯
それから車内に残して我々も晩御飯
車に戻るとVivien爆睡、季菜里は見張っているみたいに窓からこっちを見ていた
一眠りして復活季菜里?
帰宅するまでのおよそ30分
窓の外を眺め元気よく対向車を追っていましたよ!